行政書士アライブ総合事務所

技能実習生受入支援

外国人在留資格「技能実習」「特定技能」の受け入れをご支援しています

日本の正社員雇用はもう限界!信頼できる外国人材と共に会社を成長させませんか?

 外国人・技能実習制度及び在留資格「特定技能」の適正な運用は、日本経済を深刻な危機から救うためにはもはや必要不可欠なものとなっています。
 今後、就労人口の不足と高齢化、さらに消費増税(益税廃止)によって、中小企業や小規模事業者は次々と経営危機に陥り、日本は深刻な経済危機に直面します。
 国の政策としては、技能実習に次いで在留資格「特定技能」を新設し、5年間で35万人の外国人材を受け入れようとしていますが、それでも人手は全然足りていないのが実態です。
 今私たちが取り組むべき最大の課題は「安定した労働力の確保」であり、これはもはや外国人材に活躍してもらう以外に道はないことは十分にご存じのことと思います。

アジアには真面目で優秀で日本が大好きな人材がまだまだ眠っています

技能実習生受入支援

正しく制度運用すれば、何の問題も発生はしないのです

 アジアの若者の大半は真面目で温厚な性格で、とにかく純粋で一生懸命働きます。残業も進んでやります(もちろんお金のためですが..)。
世間で報道されている悪質な事例は、そのほとんどが関連機関(送出機関、監理団体、受入企業)の問題で、つまりは私たちの問題です。
法令を遵守して彼らときちんと向き合い、Win-Winで大きな成果を上げている企業がたくさんあることも事実なのです。
 現在提携している監理団体では既に200人以上の受け入れ実績があり、送出機関も本当に信頼できるところだけを選抜しています。

法令遵守宣言

私は出入国管理及び難民認定法、外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律、その他の関連法令を遵守します。

外国人材を貴社の生涯のパートナーに育てましょう!

技能実習生受入支援

単なる人手不足の解消手段ではモッタイナイ!

 外国人材は決して単なる安い労働力ではありません。単なる労働力不足の解消手段と捉えるのでは、投資対効果が不十分です。経営の観点では、外国人材には単なる人手以上の活躍をしてもらう必要があります。
 私は外国人材を企業の重要な成長要因として、受け入れ企業と二人三脚で戦略的に育成したいと考えています。
そのためには、

  1. まずは志の高い優秀な外国人材を集めます
  2. 日本での就労のキャリアパスについて個々に話し合い、目標を設定します
  3. 目標に応じた努力とそれに対する支援を受け入れ企業と共に行います

(例えば)
・建設:数年後の施工管理士の資格取得を目指し、将来は経営ビザで独立させて、受け入れ企業の重要な下請け企業として活躍してもらう
・介護:数年後の介護福祉士の資格取得を目指し、将来は「介護」のビザで就労して、受け入れ企業の優秀な社員として活躍してもらう
技能実習生受入支援

これらの取り組みを通して、企業は日本の正社員を雇うことによる大きなリスク負担から解放されると共に、事業拡大に専念することができると考えます。

 

すぐにでも貴社にご紹介できる外国人材がたくさんいます。ご興味のある方はご連絡ください。
本件のご相談は無料でお受けしています。

 


page top